HOME PROFILE WORK EVENT LINK 胎内記憶
MAIL
「雲の上からママをみていたときのこと」

 胎内記憶という言葉をご存知でしょうか?お腹の中に居たときの記憶や、産まれてくるときの記憶を、赤ちゃんがまだ小さい内は持っていて、優しく聴いてみると、ポツリポツリと話してくれるのです。

 覚えたての片言で語ってくれる、産まれる前の世界は、大人たちの心を、まぁるくまぁるく撫でてくれます。

 お腹の中でどんな気持ちで居たのか、産まれるときどんな思いだったのか、自分はどうして産まれて来ようと思ったのか、子供達の言葉に、あなたも耳を傾けてみませんか?

 きっと、あなたの妊娠、出産、育児に、一つ暖かい灯りをともしてくれるに違いありません。

 ■ 「雲の上でママをみていたときのこと
   著:池川明(産婦人科医/医学博士)

 ■ 「雲の上から
   作詞・作曲:菊川智子
 胎内記憶について研究されている池川明先生(産婦人科医)の著書の中で、子供達が実際にお話ししてくれたことを元に作られた曲です。助産院で自然出産された方の写真とともに映像を試聴することが出来ます。
 → 試聴はコチラ

(C) Copyright Mebuki since 2008 All rights reserved.